ブログ内変更通信
2010年2月14日 トップイラストを頂いたので追加しました。ランダム4枚になりました。
2007年09月08日 FC2ブログコミュニティで、エコミュニティ作りました。

燈華のプロフィール 

髪の色変えました
1st
名前:燈華
種族:エミル
職業:グラディエーター
レベル:105/50
所属リング:Erfolg【『エロフラグ』って呼ばれるリング。なんか人数枠30人到達、名声もたくさん貯まってきました。リング地味に拡大中】

Freesiaで活動中の剣士。演習参加してます。

mixiとECOのSNSもやってます。



       
足跡は↓に残してくださいな
足跡帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の更新 

コメント 

お天気お兄さん 


-天気予報コム- -FC2-

過去ログ 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

C-PREVIEW 

検索フォーム 

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

快晴とまではいきませんでしたが、雨が降らなくてほっとした燈華です。

最近寒いですね。体調は崩されていませんか?

昨晩は洗濯物を室内に干したわけで、今日は降らないで欲しかったわけです。

多少雲が多いように感じましたが、外で干せてよかったですよー。



私は大学で経営学を、今年から学び始めました。

学問というものは、その根底に哲学があると言われております。

高校生の頃は

「経営学って何を勉強するんだろ。あんまり意味ない気がする」

というような考えを持っていたのも確かです。

所謂、中学生高校生が「学校で習っている勉強なんて、将来使わない」という感覚に似ているでしょう。

ですが、勉強をし始めて気付きます。

経営学というものは、しっかり学べば非常に面白いものであり、また社会で…というよりも、もっと身近、日常生活でも意外と役立つものだということが。


今日の講義で勉強した内容で、個人的に面白いなぁと思ったものがあったので、簡単にですが紹介してみようと思います。

ハーバード・A・サイモンという方の意思決定論です。

これを読んでくれている皆さんも、意思決定というものを、日常生活の中で行っています。

意識せずとも、日々を過ごす中では意思決定する場面が多々あるからです。

多すぎて、一々意識をしている余裕がない、というのは私の考えなんですけど…。

では、例えばどういう意思決定の場面があるか。

「今日の晩御飯は何を食べようか」

と考えますよね?

この時点で意思決定の場面に直面しております。

「何を食べるか」もしくは「何も食べない」という時点でも自分で意思決定をして。

そして食べるものを選ぶことも、また自分の意思決定なのです。

「何を食べるかなんて考えてないぜ。親が勝手に作るからっ」

という屁理屈さんがいるかもしれませんが、それを食べるか食べないかも、既に意思決定の領域なのですw


ここで、私が今日の講義で学んだ意思決定のプロセスを示してみようと思います。

(1)情報活動:問題の明確化、望ましい状態と現実とのギャップの認識
    ↓
(2)設計活動:問題活動の為に、実行可能な複数の代替案を探索
    ↓
(3)選択活動:上記より、最適と考えられる手段を選択
    ↓
(4)検討活動:実行の結果について、批判的に検討、場合によっては(1)に戻る

一連の流れを持って、人は意思決定をしているようです。

気にしないとホントに気付かないようなことでも、人は意思決定をしているんですよね。


本来はもっと詳しく、難しい内容だったりするのですが…私自身、そこまで明確に理解しているわけでもないので、分かる範囲となるとこれくらいかなぁと。

意思決定のプロセスに至るまでも、前提があったりと複雑になるわけですが。

意思決定論の他にも面白い内容のものがあったりします。

それに関しては、また後日…気が向いたら書いてみましょう。


…以上、本日の復習でした(ぁ



ココからはいつも通りですw

相変わらずな毎日を過ごしているわけですが、昨日から劇場版の名探偵コナンを見ております。

1作目の時計じかけの摩天楼
2作目の14番目の標的
3作目の世紀末の魔術師
4作目の瞳の中の暗殺者
5作目の天国へのカウントダウン

ココまでを見ました。

いやぁ、懐かしいですねw

1作目の作画と、3作目以降の作画とはかなり違うように感じました。

2作目の最後、コナンと犯人が銃を向け合うシーンや、4作目の最後、時間になり水が噴き出すシーンなどはかなり鳥肌ものでしたw

5作目は個人的にもかなり好きな話だったりします。

何よりもあれですよね、5作目は歩美ちゃん可愛いよね(ぇ

最後の車を使用した脱出シーンでは、探偵団全員が輝いておりました。

私も小学校1年の時に、探偵団でも作ればよかったとちょっと悔やんでおります。


さてさて、それでわ6作目行きましょうか!

6作目は私が一番好きな劇場版である、ベイカー街の亡霊です。



それでわ、本日の記事はこの辺でー。

最後に

――――――――――ここからは個人的宣伝コーナー――――――――――

しつこく載せます(ぁ

もう何度も載せているので、鬱陶しいと感じた方はスルーでw

昨日の記事でも載せましたが



燈華の「歌ってみた」でございます。

今日も少しずつ再生数とコメントが増えていて嬉しかったですw

あんまり叩かれていないことにかなり驚きましたヨ。

よかったら感想でも要望でも何でも、書いて行ってくれると嬉しいです。

勿論それが実行に移されるかは…分かりませんけどにw

――――――――――個人的宣伝コーナーでした――――――――――

いつものを載せて終わりです。

ごきげんよう~
スポンサーサイト
2008/11/10 23:59|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://dancingwind.blog72.fc2.com/tb.php/899-8b2e9797

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

縁の下の力持ち 

このブログが存続しているのは

人の方が、訪問して支えてくれているからなのです~

リンクフリー 

リンク





『風舞いし空の彼方』をリンクに追加する
よろしければバナーを使って下さいな♪


友達申請はこちらから☆

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

イラストまとめ 

燈華が今までに描いた絵です。上のものほど多分新しいですw(ぇ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

【モノクロブー】と【もい鳥】の小部屋 

管理人は【モノクロブー】と【もい鳥】をこよなく愛しております。だってカワイイんだもの。

モノクロブー公式サイトに飛べます
© 2006 SAN-X CO .,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.


  もい鳥公式サイトに飛べます
copyright (c) 2007MindWorks Entertainment Inc.All rights reserved.


※何か不都合や問題がある場合は、恐れ入りますが連絡の方をお願い致します。

あふぃ 



アフィリエイト・SEO対策

Copyright(C) 2006 風舞いし空の彼方 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。